小児歯科

お子様の歯でお悩みではありませんか? ~小児歯科~

小さなお子様がいらっしゃる皆様にとって、「はじめての歯医者さんにはいつ行けばいいの?」「乳歯の虫歯って治療は必要なの?」「歯並びが悪い気がする」など、さまざまな疑問・不安があるのではないでしょうか? そこで宝塚市の「たつみ歯科医院」が歯医者に行く適切なタイミングや処置などをご紹介します。ぜひ、当院の小児歯科にご相談ください。

子供を歯医者に連れて行くタイミング

乳歯が生えはじめたら歯医者デビューのタイミングです

乳歯が生えはじめたら歯医者デビューのタイミングです

乳歯が生えはじめる生後6ヵ月くらいが歯医者デビューのタイミングです。乳歯は永久歯に比べて歯質が弱く、また薄いので虫歯になりやすくて進行が早いことが特徴。そのため、乳歯が生えはじめたら歯科医院で定期検診を受けましょう。

乳歯が生えそろったら検診を受けましょう

乳歯が生えそろったら検診を受けましょう

1歳半から3歳ごろには乳歯が生えそろいます。乳歯は永久歯の歯並びや虫歯などにも影響するので、生えそろったタイミングで一度検診を受けましょう。もし、虫歯などが見つかった場合は治療を行います。

永久歯に生え替わるタイミングは大切です

永久歯に生え替わるタイミングは大切です

6歳から12歳くらいのタイミングで、乳歯は永久歯に生え替わります。この時期は乳歯と永久歯が混在して歯の大きさにバラツキが発生するので、ブラッシングがしにくく、虫歯になりやすくなります。そこで定期検診に加え、シーラントやフッ素塗布などの予防処置を行いましょう。

お子様が歯医者嫌いにならないために ~当院の取り組み~

健康な歯を育むには、歯科医院での定期検診が欠かせません。しかし、歯医者に対して「怖い」「痛い」といったイメージを持ってしまうと、予防処置や治療ができなくなってしまいます。そこで当院では、お子様が歯医者に対してマイナスイメージを持ってしまわないように、さまざまな取り組みを行っています。

ポイント1 怖がらせない

歯科医院では、衛生対策としてスタッフがマスクをしています。そのため表情が見えにくく、お子様の不安につながってしまうこともあります。そこで当院では、マスクをしていても目から表情が伝わるよう、少し大きく表情を変化させるように心がけています。

ポイント2 ほめてあげる

お子様は、ほめられることで「次もがんばろう」という気持ちになります。そこで当院では、治療が終わったお子様に「よくがんばってね」「我慢してえらいね」と、少し大げさにほめてあげるようにしています。また、頑張ったご褒美におもちゃをプレゼントしています。

ポイント3 早期発見・早期治療

乳歯はエナメル質が薄く、虫歯になるとすぐに進行してしまいます。そして、虫歯は悪化するほど治療が難しくなり、痛みも増大します。そこで当院では、予防歯科による早期発見・早期治療をおすすめしています。少しでも虫歯を早く見つけることができれば、痛い治療を受けることなく、歯医者に対するマイナスイメージを持つこともありません。

ポイント4 6歳臼歯を守る

6歳臼歯とは、6歳ごろに一番奥に生えてくる永久歯のことです。この6歳臼歯は永久歯の中でもっとも大きく、咬み合わせの軸になる大切な歯。しかし、一番奥に生えくるのでブラッシングがしづらく、溝も深いため汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすいことが特徴です。そこで当院では、定期検診シーラントで、6歳臼歯が虫歯にならないように予防を行っています。

虫歯の予防方法

当院では、お子様が虫歯にならないように以下の予防処置を行っています。

シーラント 虫歯になりやすい6歳臼歯の溝をプラスチック樹脂で埋める処置です。あらかじめ溝を埋めることで、食べカスなどの汚れが溜まることを防ぎます。
フッ素塗布 歯質を強くし、歯の再石灰化(さいせっかいか)を促す効果のある「フッ素」を歯の表面に塗る処置です。再石灰化を促進することで、初期段階の虫歯であれば治ることもあります。また、当院ではお子様が嫌がらないように、いろんな味のフッ素をご用意しています。

虫歯の治療方法

当院の虫歯治療では、歯の削りすぎを防ぐために治療前の検査を重視しています。専用の虫歯検知薬を使ったカリエスチェック(染め出し)をはじめ、初期の虫歯も診断できる「レーザー虫歯診断器(ダイアグノデント)」を使った検査、極細の針「Dファインダー」を使って虫歯の深さを測定することで、より正確な状況を確認します。徹底的に検査することで歯を削る量を最小限に抑え、ずっと健康な歯で生活できるように努めています。

親御様へのアドバイス

乳歯がグラグラしている
歯が抜けそうで抜けない
乳歯の横から永久歯が生えてきた

など、お子様の歯について気になる点はございませんか? このような状態が長く続くと、永久歯や歯並びに影響することもあるので、もしお困りなら当院にご相談ください。お子様は自分で歯の健康管理をすることができません。親御様が変化に気づいてあげることが大切です。たつみ歯科医院では、不安なくお子様が予防・治療を受けられるように、「痛くない」「怖くない」歯科診療を行っています。

日ごろからのケアを心がけましょう! 予防歯科についてはこちら