一般歯科

「歯の痛み」「歯ぐきの腫れ」はありませんか?~一般歯科~

宝塚市歯医者「たつみ歯科医院」の一般歯科についてご紹介します。当院の一般歯科では、主に虫歯歯周病の治療、親知らずの抜歯などを行っています。「歯が痛い」「歯ぐきが腫れている」などの違和感がありましたら、お気軽にご相談ください。

歯の痛みは虫歯のせいかもしれません ~虫歯治療~

歯の痛みは虫歯のせいかもしれません ~虫歯治療~

経験のある方も多い虫歯は、ごく初期段階を除き、自然に治ることはありません。放置していれば、どんどん進行してしまいます。「歯が痛い」「冷たいものがしみる」といった症状がありましたら、お早めにご相談ください。当院ではできるかぎり歯を残し、神経を抜かない治療を心がけています。

虫歯の段階と治療方法

虫歯は目視でも確認できますが、当院ではレーザー虫歯診断器やレントゲン機器を使い、虫歯の深さを正確に診断してから治療方法をご提案しています。虫歯といっても段階により症状や治療法は異なります。こちらでは、虫歯の進行段階や治療法についてご説明します。

  • CO【ごく初期段階の虫歯】
  • C1【エナメル質の虫歯】
  • C2【象牙質の虫歯】
  • C3【神経まで達した虫歯】
  • C4【歯の大部分が溶けてしまった虫歯】
CO【ごく初期段階の虫歯】 CO【ごく初期段階の虫歯】
【症状】
痛みなどの自覚症状はまだありませんが、歯の表面が白く濁ってきます。定期検診などで発見できます。
【治療方法】
適切なブラッシングを行い、フッ素塗布で再石灰化(さいせっかいか)を促します。ごく初期段階であれば、これらの処置で自然治癒する場合があります。
C1【エナメル質の虫歯】 C1【エナメル質の虫歯】
【症状】
歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめた状態です。歯の表面が黒ずんできますが、痛みなどの自覚症状はあまりありません。
【治療方法】
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)で詰めものをします。
C2【象牙質の虫歯】 C2【象牙質の虫歯】
【症状】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たいもの・甘いものなどがしみます。
【治療方法】
虫歯に冒された部分を削り、レジンを詰めて修復します。また、患部が大きい場合はクラウン(被せもの)を使って修復する場合もあります。
C3【神経まで達した虫歯】 C3【神経まで達した虫歯】
【症状】
象牙質の内側にある神経まで虫歯が達した状態です。なにもしていなくても激しい痛みを感じるようになります。
【治療方法】
歯の中の神経が入っている管(根管)から神経を抜き、根管内を消毒し、薬剤を充填する根管治療を行います。最後にクラウンを取り付け、歯の機能を回復します。
C4【歯の大部分が溶けてしまった虫歯】 C4【歯の大部分が溶けてしまった虫歯】
【症状】
虫歯によって神経が死んでしまっているため、痛みを感じなくなります。ただし、そのまま放置していると歯の根に膿が溜まり、再び激しい痛みを感じます。
【治療方法】
この段階まで進行すると抜歯になる可能性が極めて高くなります。抜歯後はブリッジ・入れ歯・インプラントなどの捕綴治療で歯の機能を回復します。
虫歯治療におけるマイクロスコープのメリット

拡大して虫歯の箇所を確認することができ、削る範囲を最低限に抑える事ができます。
更に、細かい歯のヒビなども早期発見する事ができます。

マイクロスコープを使った虫歯治療

細かいヒビも早期発見

虫歯治療におけるマイクロスコープのメリット

当院では治療の際、マイクロスコープで撮影した
口腔写真・映像を患者様と一緒に確認していきます。
ご自身の口内の状況をよく知るきっかけにもなり、
安心して治療していただけます。

歯ぐきに腫れなどはありませんか? ~歯周病治療~

歯ぐきに腫れなどはありませんか? ~歯周病治療~

歯周病は、プラーク(歯垢)の中に潜んでいる細菌(歯周病菌)による感染症です。歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットから細菌が浸入すると歯ぐきに炎症が起き、進行すると顎の骨が溶かされてしまいます。そのまま放置すると歯を支えている顎の骨が溶け、歯が抜け落ちてしまう可能性もある恐い病気です。

歯周病の恐ろしいところは、初期段階では自覚症状がなく、気づかないうちに進行してしまうということ。歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位で、成人の80%が歯周病患者もしくは予備軍といわれている病気なのです。そこで歯科医院で定期検診を受け、早期発見・早期治療に努めることが大切です。

歯周病の基本的な治療

歯周病は少しでも早く発見し、予防や治療をはじめることが大切です。こちらでは、当院で行っている基本的な歯周病治療をご紹介します。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯周病予防は、歯周病菌の棲家となるプラークを溜めないことが基本です。そこで毎日のプラークコントロールが大切。当院では、患者様一人ひとりに合わせたブラッシングを歯科衛生士がアドバイスし、セルフケアに役立ててもらっています。

スケーリング

スケーリング

スケーラーという器具を使い、歯の表面に付着したプラークや歯石を除去します。歯石はブラッシングでは除去できないため、定期的なスケーリングは歯周病予防・治療に効果的です。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングだけでは除去できない、歯周ポケットの奥に溜まった歯石を除去します。歯根面をツルツルに磨きあげることで、プラークや歯石の再付着も予防します。

上記のような治療で回復が望めない場合は、歯ぐきを切開して徹底的にプラークや歯石を除去する「歯周外科治療」、また溶けてしまった歯周組織を再生する「再生治療」などを行う場合もあります。まずは、お気軽にご相談ください。

奥歯に痛みや違和感がある ~親知らず治療~

奥歯に痛みや違和感がある ~親知らず治療~

親知らずとは前歯から数えて8番目、大人になってから奥歯のさらに奥に生えてくる歯です。この親知らずは、正常に生えていれば問題ありませんが、斜めに生えてきたり、また歯ぐきの中に埋まったままだったりすることがあります。すると周囲の歯列を乱したり、虫歯を招く原因になったりします。もし、奥歯に痛みや違和感があるようなら、抜歯が必要なケースもありますので、まずは当院までご相談ください。

抜歯せずに治療する ~根管治療~

根管治療とは

従来の治療では、虫歯が進行した場合、抜歯するしか方法はありませんでした。失った歯の機能は、インプラントや入れ歯治療でしか回復することができません。当院は、患者様の大切な歯を残すため「根管治療」を推奨しています。

根管治療とは、根管内の虫歯菌によって侵された神経や血管を除去し、薬剤を充填してから補綴物(ほてつぶつ)を装着することで歯を残す治療方法です。当院は、診療の際に患者様のお口の状態を正確に把握し、「抜歯しないとどうなるのか」「歯を残すことで他の歯に悪影響はないか」などをしっかり診断します。精密な診断をおこなったうえで、歯を残すことを前提とした治療プランをご提案しています。お口のトラブルはすぐに当院までご相談ください。

根管治療の流れ
  • STEP1 ヒアリング・診断・治療プラン説明
    患者様のお口の状態についてヒアリングをおこない、診断をします。診断をもとに治療プランをご説明。ご納得いただいたうえで、治療に移ります。
  • STEP2 治療開始
    根管内にある虫歯菌に感染した神経や血管を除去します。
  • STEP3 根管の計測
    専用の器具を使い根管の深さを計測します。
  • STEP4 根管の洗浄・除菌
    根管内に細菌が残らないように、徹底的に洗浄・除菌します。
  • STEP5 薬の充填
    根管の先端まで隙間なく薬剤を詰め、細菌が入りこまないように処置します。
  • STEP6 治療終了
    土台(構造体)をつくり、被せ物を装着したら治療終了です。
  • STEP7 メインテナンス
    治療後は、定期検診をおこない患部に異常がないか診断します。
設備紹介
ラバーダム ラバーダム
当院では「ラバーダム」を採用した根管治療をおこなっています。ラバーダムとは、ゴムやシリコン製のシートで口腔内を覆い、患部のみを露出させて治療する医療器具です。唾液や細菌、歯の削りかすから患部を守り、感染症や虫歯の再発を予防することができます。
マイクロスコープ マイクロスコープ
当院は、日本でも導入が少ない「マイクロスコープ」を採用した歯科治療をおこなっています。マイクロスコープは、肉眼の約20倍まで拡大できる医療器具です。肉眼では見えづらい根管内も細部まで確認でき、精度の高い治療が可能。虫歯菌に侵された神経や血管を隅々まで除去できるので、安全な治療をご提供します。

当院ではMTAセメントを使用しております

当院の虫歯治療では、より高い効果を得るために「MTAセメント」という歯科材料を使っています。セメントとは、捕綴物(詰めものや被せもの)を取り付ける場合などに使う素材。その中でも「MTAセメント」とは、虫歯などで穴やヒビができてしまった歯の補修などにも使用できる、1993年にアメリカで開発されたセメントです。その特徴は以下のようになります。

MTAセメントの特徴

殺菌性
多くの細菌はpH9.5で死滅すると言われていますが、MTAセメントはpH12の
強アルカリ性です。そのため、非常に高い殺菌性があります。

封鎖性
セメントが硬化する際に膨脹するため、歯に空いた穴などを隙間なく密閉することが
できます。そのため、細菌の侵入を確実に阻止できます。

生体親和性
人体との生体親和性がほかのセメントよりも高く、非常に安全な歯科素材です。

親水性
一般的なセメントは水分があると接着力が低下しますが、MTAセメントは親水性が
高いので、血液や組織液で濡れている場所の接着も可能です。

上記のような理由により、MTAセメントは直接覆髄法(露出した神経を保護する方法)や間接覆髄法(虫歯が歯の神経に近い場合の保護・鎮静方法)、また歯に空いた穴の修復に最適な素材です。特に骨まで抜けている歯の穴は出血などによって湿っていて、通常のセメントでは保護・接着することが難しいのですが、MTAセメントなら確実に充填することができます。

MTAセメントを使用することで、神経を残せる可能性が高くなり、また根管治療の場合は再発のリスクを下げることができます。当院では、さまざまな治療にMTAセメントを活用していますので、まずはお気軽にご相談ください。

日ごろからのケアを心がけましょう!予防歯科についてはこちら