• HOME  >  
  • 予防のための処置

患者様と歯科医院が一緒に取り組むことが大切です
~虫歯・歯周病の予防~
prev

「歯医者は虫歯や歯周病の治療をするところ」というイメージをお持ちではありませんか? 
たしかに以前は「歯の治療」がメインでしたが、それでは対処療法しかできません。
歯は溶けたり、削ったり、抜いたりすると、もう元には戻りません。そして天然歯に勝る人工歯は存在しないのです。
虫歯の進行を止めるためには治療が必要ですが、少なからずダメージを与えることになり、
そのダメージが蓄積すると、残念ながら歯の寿命を縮めてしまいます。

いつまでも健康な歯でお過ごしいただくために、
阪急今津線「仁川駅」より徒歩7分の宝塚市の歯医者「たつみ歯科医院」では予防に力を入れています。
定期的なメインテナンスやブラッシング指導を行いますので、お口の健康維持のためにお気軽にご相談ください。

ご自身のお口の中をじっくり見たことはありますか?

ご自身のお口の中をじっくり見たことはありますか?

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、予防が可能な病気です。そして病気にならないためには、毎日の歯のブラッシングが大切だと知らない方はいらっしゃらないでしょう。しかし、確かに頭では分かっていても、本当に予防のためのセルフケアができているとはかぎりません。

「百聞は一見に如かず」という言葉もあります。そこで当院では、ご要望の患者様にはマイクロスコープで撮影したお口の中やこびりついているプラーク付近をお見せします。すると、しっかりブラッシングしている"つもり"は、実際にはどうなっているかをお分かりいただけるはずです。ショックを受ける方も少なくありませんが、現実を素直に受けとめてください。そうすれば、これからのセルフケアのモチベーションにつながるはずです。

アドバイスを受け、トレーニングを積んだことがない方で、しっかりプラーク除去ができる方はほとんどいらっしゃいません。一緒に練習して効率のよい口腔ケアの習慣を身につけましょう。

プラ―クが溜まっていたり...
プラ―クが隠れています。
プラ―クが溜まっていたり...
詰め物が欠けていたり...

健康な口腔内環境を維持するために

口腔ケアのためには歯科医院での定期的なメインテナンスが有効ですが、歯科医院でのケアだけでは再発のリスクを負ってしまいます。基本は毎日のセルフケアです。そのうえで、手が届かない部分や、お口の変化を見逃さずにチェックするプロフェッショナルケアを加えて、続けていくことが健康的な口腔内環境の維持につながるのです。当院では患者様と一緒に、末長くお口の健康をサポートいたします。

セルフケアが基本です

セルフケアが基本です

歯の並び方やみがき方のクセによって、お口の中で汚れが残りやすい部位があるとそこから病気が発症してしまいます。そうならないように歯科医院ではブラッシング指導を行います。必要に応じて、プラークを染め出し、どのようにブラッシングすれば汚れが落とせるのかをトレーニングいたします。汚れをしっかり落とすことがセルフケアの基本です。

デンタルフロスなどの補助器具の必要性

デンタルフロスなどの補助器具の必要性

基本は毎日のブラッシングです。しかし歯ブラシを使っているだけでは、歯と歯の間の汚れを落とすことはなかなかできません。一見きれいに見えていても、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってみると、汚れがごっそり落ちることも少なくないのです。歯と歯のすき間に合わせた歯間ブラシやデンタルフロスを活用して汚れをしっかり落としましょう。

デンタルフロスの扱いに慣れるまでは、ホルダーがついている糸ようじが使いやすいでしょう。切れるまで何度でも使用できます。1日1回1分程度でよいので、歯と歯の間の汚れをしっかり落としましょう。

デンタルフロスなどの補助器具の必要性

また、虫歯予防につながるフッ素配合の歯みがき剤の使用もおすすめです。ほかにもデンタルリンスなども虫歯予防に有効ですので、お口の中のすみずみまで行きわたらせて洗浄しましょう。予防に関する資料などもお渡ししますので、毎日の生活に取り入れてお口の健康を守ってください。

歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」

専用の歯科器具を使って行う歯のクリーニングです。セルフケアでは汚れが落としきれない部位もすみずみまできれいにします。口腔ケアのプロフェッショナルの歯科衛生士が歯を1本1本チェックしながら丁寧に施術します。そのため、すでに虫歯や歯周病にかかっていたとしても自覚症状があらわれる前の初期段階ですので、早期発見・早期治療につなげられるです。

PMTCPMTC
歯科の専用器具を使って行う歯のクリーニングです。ブラッシングでは落としきれない歯の汚れを除去します。
フッ素塗布フッ素塗布
高濃度のフッ素を歯に塗布します。定期的なフッ素塗布が虫歯予防に有効です。
スケーリングスケーリング
プラークが石灰化した歯石はブラッシングでは落とせませんので、器具を使って除去します。

【スケーリングとPMTCの違い】

スケーリングは保険診療で行う歯石の除去で、虫歯や歯周病予防のために有効です。PMTCは自費診療で行う歯のクリーニングで、プラークや歯石の除去に加え、着色の除去や口臭予防にもつながります。